お金にがっついて! with たこあたま

「社会人なら〇〇」を発信していくたこが居ます

結果が出ない努力を続けないための、意外と知られていない3つの事実

結果が出る努力 目標

突然ですが、

努力しても意味がないと感じていませんか。

 

続かない早起き

二日でやめた筋トレ

やらない理由ばかり思いつく資格の勉強

 

続かない原因が自分にあるから、余計に嫌になる。

努力そのものが魅力を失なっていく。

 

ですがあることを知れば、
今日からでも努力を
続けられます。

 

うだつの上がらない俳優業を続けて5年

それでも諦めていないわたしが、努力を続けるコツを経験から話します。

 

小さくて短くても、何か努力をしたことがある人は、もう一度だけ頑張るきっかけを、この記事から見つけてください。

 

この記事の構成

努力する時に考えるべきものとは
目標を目指す時に注意することとは
結果を出すためにとるべき行動とは

三部構成です 。

どれか1つでも欠けることは決して許されないので、飛ばして読むと意味がありません。

ちゃんと読んでください。

 

 

 努力のフィールドを見極める 

正しい努力のしかた

努力についてですが、ここが一番肝心です。

 

下の画像を見てください。

f:id:octopus_omg:20200203112820j:plain

 

努力をする時に目標と道筋とは別に、努力するフィールドをまず考えます。

 

野球選手を目指す人が、サッカーのグラウンドで練習はしません。

 

目標と努力の道筋が同じでも、まず道がある場所を正しく選ばなければ、目標を達成しても無意味です。

たどり着いた目標は違うものに替わり、求めた結果ではなくなってしまいます。

 

努力をする時には、努力をするフィールドが正しいかを確認しましょう。

 

一例:早起きを習慣づけたい場合は?

早起きをするための努力の形は、

アラームのセット、夜食を少なくする、運動をするなどがあります。

そして早起きのためのフィールドは、
早寝ができる生活の環境です。

 

このフィールドにいないのに早起きをしようとしても、朝がただ辛いだけですよね。

まず最初に環境を整えてから始めることを心がけましょう。

 

目標が常に見えてる訳ではない

目標 見えない

努力をするには目標がないとやってられません。

 

あてのない自分探しの旅ではないので、なりたい自分や手に入れたいものを見つけましょう。

 

しかし

f:id:octopus_omg:20200203112820j:plain

この画像(2回目)の通り、目標までの道のりは直線とは限りません。

 

常に目標地点を見ながら歩いていたら、後ろ向きになって転んでしまいます。

これはいわゆる間違った努力の形です。

 

努力の道では前を向いて歩かないと、失敗挫折の原因になります。

 

一例:受験勉強での目標の捉え方 

学生は「常に目標を見据えて努力をしろ」と教えられると思います。

しかし正しくは、「目標までの努力の地図を作れ」ということです。

 

地図があれば目標が見えない場所でも、自分は今どこにいるのかがわかります。

 

「目標への距離を測り、間違のない努力をしろ」
これが本当に伝わるべき意味です。

 

そして地図には途中にチェックポイントが必要です。

目標の到達まで必要な要素技術のレベルなどを書き出して、ゴールから逆算して地図に当てはめましょう。

 

求める結果がないと終わりがない

結果を求める 努力 見えない

努力する時、目標結果は同じ意味だと勘違いしてませんか?

 

ここを勘違いをしていると、努力だけを続けることになります。

結果を出すことを考えるなら、これはもう最悪です。 

 

結果というものは目標を達成したその先で、
新しい自分が出すものです。

 

結果が出るまでの流れ

技術の習得過程➡︎努力の途中

技術が完全に身く➡︎目標の達成

やりたいことをする➡︎初めて結果が出る

本来努力をするのは、やりたいことがあるからです。

 

スポーツマンの努力は、そのまま結果になることがありますが、これは例外です。

普通はそれだけでは足りません。

 

目標を達成しても、そこですぐに次の目標を設定すると結果は出せず、また努力を続けないといけません。

 

どうしたら結果が出せるのか

結果 出し方 頑張る

結果の出る努力のしかたをまとめると、

① 環境を整えてから努力をして、
② 目標が見えなくても到達できる道を選び、
③ 目標を達成したら、結果のための行動をする

ここまでを努力の1プロセスにしましょう。

 

努力が目標に届いても、結果は勝手には出ません。

 

受験勉強を頑張っても、試験を受けないと合格はできないですよね。

 

目標を達成できたら次は、結果を出すための行動を起こしましょう。

 

まとめ



努力を続けられることは素晴らしいことです。
続けられるなら当然続けるべきでしょう。

 

しかしそのままだと、ただ努力を続けるだけになってしまいます。

それでは意味のある努力とは言えません。

 

結果が出なくて悩んでいる人は、結果のために必要な行動がなんなのかを、もう一度考え直して見てください。

 

実際に行動を起こして、それによって「結果が出ない」と勘違いしなくなると、
意味のある努力が、続けられるようになります。

 

ツイッターもやっています。フォローお願いします

twitter.com

 

〜終わり〜