お金にがっついて! with たこあたま

「社会人なら〇〇」を発信していくたこが居ます

AI手塚治虫が描く「ぱいどん」について、手塚治虫ファンの考察をまとめてみた

手塚治虫 AI ぱいどん ファン 感想 

AIに芸術ができて、なんの意味があるのか。

 

先日、AIが作曲をしましたね。

美空ひばりの歌をAIが学習し、新曲を発表したニュースが報道されました。

 

それに続けと言うように、今度は漫画でも、AIによる活動が発表されました。

再現されるのは漫画界の巨匠、というか王、というか

手塚治虫大先生

手塚治虫 AI ぱいどん 感想 ファン

私も大好きな漫画家です。

ブラック・ジャック」に至っては、読みすぎたせいでストーリーやセリフを、暗記するくらいには好きです。

 

そんな手塚治虫さんをインプットしたAIが描く漫画

タイトルは「ぱいどん」

 

作品についての概要は、現段階で発表されてる情報が少ないので、説明は省きます。

 

ぱいどん、、、
不思議な響きですね

 

AIが芸術という分野で発表されると、何が起きるのか。

解説と最後に考察をまとめて、記事にしていきます。

手塚作品ファンはどう感じてるのか

AI 手塚治虫 ぱいどん ファン 読む 読まない

まず「ぱいどん」が読みたいか、読みたくないか。

 

私は、はっきり言って読みたいです。

読んでみたくて仕方がないです。

これが読みたくなくて、手塚ファンと呼べるのか。

ニュースタイトルを見た時から、気になって仕方がないです。

www3.nhk.or.jp

AIが描く点も、読みたい理由の一つになります。

でも手塚プロダクションから出る、完全新作オリジナル作品を、読んでみたくないわけがないんです。

 

ただ、AIというだけで拒否反応を起こす人もいます。

AI美空ひばりを例に挙げると、

  • これは美空ひばりじゃない
  • 冒涜的であり受け入れられない
  • 本人がこんなことを望むはずがない

とかとか、、、言ってる人がいるらしいです。

おそらく今回の「ぱいどん」でも、同じことを言う人が出るんでしょう。

 

考え方が古くないか?

J-POP、洋楽、クラシック音楽に至るまで、今はリマスタリングやEDM化(電子音楽)がされる時代です。

 

「否定も了承もしない故人に断りなく」と言うなら、著作権の切れているクラシック音楽などは、誰か文句を言っていますか?

死者への冒涜だ!と、そんな批判を耳にしますかね?

 

ジャンルを選んで批判する
都合が良すぎやしませんかね?

 

ちなみに「ぱいどん」の開発プロジェクトである「TEZUKA2020」は、手塚プロダクション現取締役であり、手塚治虫さんの息子でもある、手塚眞さん(てづかまこと)がGOサインを出しています。

⬇︎プロジェクト「TEZUKA2020」の公式HPリンク⬇︎

キオクシア #世界新記憶01「TEZUKA 2020」

 

AIは学習して自ら改善と成長を繰り返すものです。

そうすることを前提とした存在なので、その前提を無視すると、ガラクタ同然です。

人でいうところの死んだも同然というやつですね。

 

成長するため努力を続けると、いつか受け入れられるレベルになるでしょう。

「ぱいどん」しかり、美空ひばりしかりです。

進歩も成長も捨てた、頭の硬い人間よりは、素敵な存在だと思いませんか?

 

「ぱいどん」をAIが描く意味

AI 意味

この漫画AI、実は手塚治虫らしさ」をインプットして、ストーリーの軸を組ませただけです。

それを人間がチェックして、シナリオやキャラデザインを整えてます。

 

人が機械に手塚治虫の制作技術のデータを設定、できたものを人間が添削する。

これを機械の作った紛い物とは、一概には言えないですよね。

 

「AIによって手塚治虫が復活」というタイトルを見て、即座に受入拒絶をする人もいます。

そう言う人は正しい情報は知らないのに、批判ばかりするんです。

ニュースは記事を読んで、初めて意味があるんですけどね。

 

芸術を作らせる意味

AIにやらせる必要なくね

そう思いますよね。意味ないじゃんって。

 

一つ前にも言いましたが、AIは学習するんです。

しかし、何もやらせないと成長はしません。

下手でも、ダメでも、反対されてもです。

人間と同じですよ。

 

芸術創作をAIが行うようになると、人の思考に近づくための学習ができるようになります。

IQのようにAIが人より優れる面の他に、感情や社交性、身体能力などの[Q]があります。

気になった方は「5つのQ」で検索してみてください。

 

これらの指数を成長させるために、AIは今、芸術を学んでいるんです。

 

これから何が増えるのか

AIはすでに芸術に関して、絵を描き、歌を書き、物語を書いています。

全て2015年〜2016年の間のことです。

 

今はまだ、既存の芸術の真似をしているだけにすぎません。

AI手塚治虫やAI美空ひばりも、所詮は真似です。

でもAIは、芸術家になるため学ぶのではありません。

 

AIはいつか、完全オリジナルの作品をA創り出します。

学習レベルが成長したAIは、今までに無いものを1から創作するでしょう。

そしてそれを、正確に人の心に響く形に仕上げます。

いわゆる「刺さる」というやつです。

 

作品一つによって、人々や社会の考えは大きく左右され、方向性を変化させます。

そういう影響を、AIが意図的に狙い始めると、機械に操られる社会というのも出来上がるかも(?)しれません。

 

まさに手塚治虫の描く、SFマンガにありそうな設定なのは皮肉でしょうか。

 

〜感想まとめ〜

まず、「ぱいどん」とにかく読んでみたい!

これしかないですね。

公開される段階になれば、AIであることや、手塚作品シリーズと言うのを抜きにして、面白い作品ができると信じています。

 

しかし、こう言った革新的プロジェクトは、古い考えの人たちから批判されます。

今まで触れないようにしてたんだし、君たち若い世代も配慮をしなさい。

みたいな。

正直、知ったことじゃないんですけどね。

 

AIで新しいことに取り組む企業は、もれなく応援したいですね。

今ある常識だけを抱え込み、新しい常識を育てないのは、感情を持つことができた「ヒト」として、成長をやめてしまう行為だと思います。

 

そんな成長しない人が、成長を存在理由とするAIを否定するのは、滑稽なことではないですかね。

 

twitterもやっています。ぜひフォローしてください。

twitter.com

〜終わり〜